「アナと雪の女王」のあらすじとネタバレ、自分の良いところは?誇らしい自分の気づき方

この記事は、ちょっと賢くなって満足した気持ちになれる(かもしれない・・)3分で読める記事です。

この物語は、デンマークの作家ハンス・クリスチャン・アンデルセンの童話「雪の女王」を元にしていますが、映画ではオリジナルのストーリーが展開されています。
エルサの魔法の能力は彼女自身の感情と深く結びついており、その能力を受け入れることで真の自分を受け入れることが描かれています。アナとエルサの姉妹の絆は、多くの困難を乗り越えて深まっていき、その絆が物語の中心となっています。

ブログ管理人のシタテが実践・調べた、明日から少しでもいい方に変わる小さな行動をお伝え!

シタテ

偏見と独断で偉人からの学びをお伝えしているシタテです。

ありのままの姿になると、周りの人が離れていってしまうかもしれないと心配ですよね。でも、自分がありのままになれば、ありのままに接してくれる人が残ると感じています。

この場を借りて、ありがとう!

「アナと雪の女王」のあらすじとネタバレ

1.幼き日の約束と突然の変化

エルサとアナはアレンデール王国の王女として生まれ、幼い頃から仲の良い姉妹でした。

エルサは生まれつき氷や雪を操る魔法の能力を持っていました。ある日、遊びの中でエルサの能力が暴走し、アナを傷つけてしまいます。

この事故をきっかけに、エルサは自分の能力を恐れ、アナとの関係を断ち切ることを決意します。王宮の扉は閉ざされ、2人の距離は次第に広がっていきます。

2.王位継承と能力の暴走

両親の死後、エルサは王位を継ぐことになります。戴冠式の日、アナはエルサとの関係を修復しようと試みますが、その過程でエルサの能力が暴露されてしまいます。

エルサの能力が暴走し、アレンデール王国は永遠の冬に閉ざされます。

エルサは自らの能力を恐れ、王国を飛び出して雪山に雪の城を作り上げ、そこで孤独に生きることを選びます。

3.姉のもとへの旅立ち

アナは王国と姉を救うため、エルサを探しに冒険の旅に出ます。

山男のクリストフ、彼の相棒のトナカイ・スヴェン、そして生きている雪だるまのオラフとともに、雪山を越えてエルサのもとへと向かいます。

途中、様々な困難や試練に直面しますが、アナの決意は揺るがないままです。アナはエルサとの再会を果たしますが、エルサの能力によって心臓を凍らせられてしまいます。

4.絆の再生と王国の平和

アナは自らの命を犠牲にしてエルサを救おうとします。

その瞬間、アナの身体は氷の彫像となってしまいます。しかし、アナの無償の愛がエルサの心を溶かし、エルサは自分の能力をコントロールする方法を見つけます。

アレンデール王国は再び平和を取り戻し、エルサとアナの姉妹の絆も深まります。

参考サイト:

アナと雪の女王:エンタミート

モノガタリ・マナビ

  1. 隠れた能力の発見と受け入れ
    エルサの氷の魔法のように、隠れた能力や特性が、時には他者を傷つける原因となることがあります。しかし、その能力を受け入れ、コントロールする方法を見つけることで、大きな力としました。
  2. 困難を乗り越える冒険の価値
    アナの旅は多くの困難に直面しますが、その過程で得られる経験や人間関係の深化は計り知れないです。物語を通じて、困難を乗り越える冒険の価値や意味知ります。
  3. 物語の中のファンタジーと現実の結びつき:『アナと雪の女王』はファンタジーの世界を描いていますが、その中には現実の人間関係や感情が織り込まれています。この作品を通じて、ファンタジーと現実の結びつきを感じます。
created by Rinker
¥3,520 (2024/05/30 08:27:03時点 楽天市場調べ-詳細)

あなたは、就活・転職の自己PRの欄で悩んでいませんか?

毎朝、アラームが鳴ると、コマリさんは一瞬、その日の予定を思い出す。
しかし、その中心には常に「就活」という大きな壁が立ちはだかっています。ベッドから起き上がるのに少し時間がかかり、一日の始まりから気分が沈んでしまうことも少なくありません。

朝食を取りながら、スマホで求人情報をチラッと目にする。どれも自分に合っているとは思えず、何を基準に選べばいいのかわからない。食事の味もあまり感じられず、食欲が落ちてしまうことも。

大学への通学途中、他の学生たちが就活の話をしているのを耳にすることがあります。彼らは自分のやりたいことや進みたい業界について熱く語っているが、コマリさんにはまだ明確な目標が見えてこない。そのたびに、自分は何をしたいのだろうと考え込んでしまいます。

そして、大学の授業中。教授や先輩からの就活のアドバイスや話を聞くものの、どれも自分にはピンとこない。頭の中は就活のことでいっぱいで、授業に集中することが難しい日も。

ランチタイムには、友人たちとの会話の中で、就活の進捗や内定の話題が出ることも。コマリさんはまだ自分の長所ややりたいことが見つからず、話についていけないことも。友人たちの前では笑顔を見せているが、心の中では焦りや不安を感じているのです。

夜、自室でのひととき。履歴書の自己PR欄を前に、何度も考え込む。自分の長所やこれまでの経験をどう書けばいいのか、筆が進まない。ノートには何度も書き直しの跡があり、自分をどうアピールすればいいのか、深く悩んでいます。

コマリさんの日常は、就活に関する悩みでいっぱいです。彼女の心の中には、焦りや不安、自分に自信が持てない気持ちが渦巻いています。

こんなコマリさんには、「アナと雪の女王」のエルサと似ている「エマ」がアドバイスをくれるかもしれません。

アドバイス:なんでもできる、どこまでやれるか自分を試したいの

エルサ:「悩んでいたことが嘘みたい、だってもう自由よ、なんでもできる、どこまでやれるか自分を試したいの

もしもの会話シミュレーション:自分の良さに気づくのは、落ち着いた時間で

コマリ

エマ、私、就活で本当に迷っているの。自分のやりたいことや長所がわからなくて…。

エマ

コマリ、私もかつて自分の能力に迷い、自分の居場所を見つけられなかった時期があったわ。『アナと雪の女王』のエルサの気持ち、よくわかるの。

コマリ

でも、エルサは自分の能力を受け入れて、王国を救ったじゃない。私にはそんな特別な能力もないし…。

エマ

いいえ。今のあなたが、実は最も特別なのよ。エルサも最初は自分の能力を恐れ、隠して生きていた。でも、彼女が自分を受け入れ、その能力を正しく使う方法を見つけたとき、彼女は真の自分を見つけたの。

コマリ

でも、どうやって自分を受け入れるの?どうやって自分の長所ややりたいことを見つけるの?

エマ

まず、自分の中にある「氷の心」を解くことから始めるの。それは、自分の心の中の恐れや不安を解放すること。アナはエルサの氷の心を解くために、多くの困難を乗り越えてきた。あなたも、自分の心の中の壁を乗り越えるための冒険を始める必要があるわ。

コマリ

冒険…?具体的にはどうすればいいの?

エマ

①毎日、10分間だけ自分の長所や短所、これまでの経験や学びを振り返る時間を持つの。1ヶ月続ければ、自分の中の「氷」が少しずつ解けてくるはずよ。

エマ

②他には週に1回、新しいことに挑戦するの。それは、新しい趣味を始めることや、知らない場所に旅行することもいいわ。新しい経験を通じて、自分の中の可能性を広げるの。

コマリ

それだけで、私も自分の長所ややりたいことが見つかるの?

エマ

時間はかかるかもしれないけれど、確実に自分の中の「氷」は解けてくるわ。そして、その過程で得られる経験や学びは、あなたの一生の宝物となるはずよ。

コマリ

エマ、ありがとう。私も、自分の中の「氷」を解きたい。そして、真の自分を見つけたいと思う。

エマ

きっとできるわ、コマリ。私たちみんなが、あなたを応援しているから。

を高めるおすすめ本3選!

その他、自分を変える方法で、1日10分、本を読んでみるのはいかがですか?おすすめ本はこちら。

マインドセット:「やればできる!」の研究 著者:キャロル・ドウェック

フロー体験入門 楽しみと創造の心理学 著者:ミハイ・チクセントミハイ

カモメのジョナサン 著者:リチャード・バック

参考サイト:

Leonald.Ai:画像作成


※このサイトはアフィリエイト広告(Amazonアソシエイト含む)を掲載しています。