ディズニーの「ふしぎの国のアリス」のネタバレとあらすじ、成長する少女の姿

この記事は、ちょっと賢くなって満足した気持ちになれる(かもしれない・・)3分で読める記事です。

『不思議の国のアリス』は、幼い少女アリスが不思議な世界を冒険する物語です。

この物語は、イギリスの数学者チャールズ・ラトウィッジ・ドドソンがルイス・キャロルの筆名で

1865年に発表したもので、ナンセンスな言葉遊びや当時の教訓詩や流行歌のパロディが特徴です。

ブログ管理人のシタテが実践・調べた、明日から少しでもいい方に変わる小さな行動をお伝え!

シタテ

こんにちは、ストアドの管理人のシタテです!
今日は、私が最近読み返しているクラシックな物語についてシェアしたいと思います。その名も『不思議の国のアリス』。あなたはもうこの物語をご存知ですか?もしまだなら、この機会にぜひその魅力を知ってください!

シタテが感じるふしぎの国のアリスの魅力とは?

おすすポイント:現実を忘れ、夢の世界へダイブ!

この物語には、ただの冒険物語以上の引き付ける魅力かがあります。

アリスが遭遇する数々の奇妙なキャラクターや出来事は、私たちに自分自身や
この世界について深く考えさせてくれるのです。

今の暮らしを忘れ、ちょっとした休息が必要なあなたに、ピッタリです。

「不思議の国のアリス」の世界へ向かう準備はいいですか?

待っているのは未知の世界。『不思議の国のアリス』があなたを夢のような冒険へと導いてくれます。

読むことで、あなたの中の子供の心が目を覚ますかもしれませんよ。

この記事では、不思議の国のアリスの要点をお伝えします。
興味がある方は、ぜひ本編を見てみてください。

夢と現実が交差する、少女アリスの不可思議な冒険!

不思議の国のアリスから、シタテが感じたことは、

不条理と現実が織りなす、一筋縄ではいかない環境で、自分を知ることが成長

です。

1.異界への一歩

退屈な一日が一転、アリスは話す白ウサギを追いかけ、不思議な世界へと踏み込みます。ウサギの穴をくぐり抜けると、彼女は自分の体がコントロールできない現象に直面します。大きくなったり小さくなったりする体、そして周囲の不可解な環境に戸惑いながらも、アリスはこの新しい世界に奇妙な興味を抱きます。ここから彼女の予測不可能な冒険が始まるのです。

2.不思議の国の住人たち

アリスは不思議の国で多くのキャラクターに出会います。キャタピラーの助言、マッドハッターのお茶会、そしてチェシャ猫の謎めいた微笑。彼らとの交流を通じ、アリスはこの国の独特なルールや習慣を学びます。彼女は時に困惑しながらも、不思議の国の一員として受け入れられ、その奇妙な日常に溶け込んでいきます。

3.試練と混乱

アリスの冒険は、ハートの女王の領土で頂点に達します。女王のクロケットゲームや、意味不明な裁判に巻き込まれるなど、彼女は次々と降りかかる試練に直面します。これらの状況はアリスにとって混乱の連続であり、彼女は自分の意見をはっきりと表現する勇気を持たなければなりませんでした。

4.目覚め、そして現実へ

冒険の終わりに、アリスは現実世界に戻ります。不思議の国での体験が夢だったのか現実だったのかは不明ですが、その経験は彼女にとって価値あるものでした。アリスは困難に立ち向かう勇気と、新たな自己理解を得て、彼女の心には新しい冒険への扉が開かれました。

参考サイト:

不思議の国のアリス:Wikipedia

シタテがこの物語から学んだこと

1.変化は成長の第一歩!
:日常生活で予期せぬ変化が起きたとき、柔軟に対応し、新しい環境や状況を受け入れる勇気が重要です。

2.声なき声に力を!
:自分の意見や考えが周囲と異なる場合でも、自分の立場をはっきりと持ち、適切に表現することが大切そうです。

3.好奇心は未来の扉を開く鍵!
:新しいことに挑戦する際や未知の分野を学ぶとき、好奇心を刺激することで、より豊かな経験と知識が得られます。

不思議の国の住人たち – 「ふしぎの国のアリス」の魅力的なキャラクターたち

alice word

「ふしぎの国のアリス」の中のカラフルでユニークなキャラクターたちを紹介したいと思います。

この不思議で魅惑的な世界には、忘れがたい個性豊かなキャラクターがたくさん登場します。

1.アリス

勇敢で好奇心旺盛なアリスは、この奇妙な世界を探検します。彼女の無邪気さと決断力は、多くの困難と直面しながらも、常に私たちを魅了し続けます。

2.ハートの女王

気性が激しく支配的な性格で、容赦なく「首をはねる!」と命じます。彼女の気まぐれな怒りは、宮廷全体を恐怖に陥れます。

3.マッドハッター

その名の通り変わった帽子屋で、常に奇妙なお茶会を主催しています。彼の風変わりな行動や話し方は、周囲を混乱に陥れることがしばしばです。

4.三月うさぎ

ぼさぼさの髪とぎょろぎょろした目玉、そして出っ歯が特徴的なキャラクターです。彼は常に何かしら不条理な行動を取っており、その奇妙な振る舞いでアリスを困惑させます。

5.カキ

文字通りの牡蠣ですが、人間のような感情を持っています。彼らはセイウチによって気絶させられるなど、不運な目にしばしば遭っています。

6.セイウチ

巧妙でずるがしこいキャラクターで、しばしば自分の利益のために他のキャラクターを利用します。

7.大工

セイウチの友人で、彼の世話を焼くことが多いです。大工は非常に実直で、セイウチの行動に対してしばしば困惑しています。

8.チェシャ猫

不思議な能力を持つ猫で、体を消したり現したりすることができます。彼は常にニヤニヤ笑っており、アリスに謎めいた言葉を投げかけます。

9.白うさぎ

常に急いでいるようで、時間管理に非常に厳しいです。彼はアリスを不思議の国へと導くキーパーソンです。

10.ハートの王

ハートの女王の夫でありながら、彼女の影に隠れるような存在です。彼は優しく、控えめな性格で、しばしば女王の激しい気性をなだめる役割を果たします。

11.トランプ兵

ハートの女王に忠実な兵士で、しばしば無理難題に直面しながらも、女王の命令を遂行します。

12.イモムシ

賢く、哲学的な考えを持つキャラクターで、アリスに人生や成長についての助言をします。彼はまた、アリスに体の大きさを変える方法を教えます。

13.トゥイードルダムとトゥイードルディー

見た目も性格もほとんど同じ双子の兄弟で、彼らはしばしば無意味な議論にふけり、アリスを混乱させます。

「ふしぎの国のアリス」はこんな悩みを抱えている人におすすめ

シタテ

シタテは思います。
「自分の意見や考えが周囲と異なる場合で、自分の立場をはっきりと持つこと」って難しいことですよね!

そんな悩みを抱えた、コマリさんがいます。

自分の意見や考えが周囲と異なる場合で、自分の立場をはっきりと持てない悩み

コマリさんは、小さな頃から自分の意見を言うことが苦手でした。彼女のトラウマは、学生時代にクラスで行われたディベート大会にさかのぼります。自分の意見を主張することがテーマだったこの大会で、コマリさんは自分のチームの一員として参加しました。

ある日、学校でのディベート大会があり、コマリさんはエコ活動についてポジティブな側面を強調すべきだと内心感じていました。しかし、チームメイトは反対意見を主張する方向で話がまとまり、コマリさんもそれに従うことに。

準備と練習の日々が続き、コマリさんは自分の本心とは異なる意見を代弁することに苦悩しました。しかし、彼女はチームの和を乱すことを恐れ、自分の考えを押し殺していました。

そして当日、ディベートが始まり、コマリさんの番が来ました。緊張と不安で声が震え、途中で意見が食い違ってしまいました。その結果、彼女の発言はチームの主張と矛盾し、混乱を招いてしまいました。

この出来事が原因で、チームは大会で敗退。コマリさんはチームメイトからの非難を受け、その失敗がトラウマとなりました。

もしかしたら、あなたはこんな経験をしていませんか?

  • 会議で提案されたアイデアに懸念があるものの、批判を恐れて黙っている
  • 友人とのご飯で何を食べるか相談している時気を使って、自分の好みを言えない
  • 彼氏との旅行の目的地や活動について話し合っている最中、顔色を窺ってしまう

では、そんな人に対して、ふしぎの国のアリスはどんなことを教えてくれるでしょうか?

まとめ:ふしぎの国のありすのおもしろさ・学べたこと

アリス:「昨日になんて戻れない、だって昨日と今日の私は別人よ」

ふしぎの国のアリスを知った、リンダから悩みのアドバイスを貰おう!

コマリ

最近、自分の意見を言うのが難しいんです。
みんなと違うと思っても、なかなか声を大にして言えません。

リンダ

それは「ふしぎの国のアリス」のアリスちゃんも同じでした。彼女は不思議な世界で、常に自分を二番手にしていましたね。

コマリ

ええ、でも、どうやって克服したんですか?

リンダ

アリスは最終的に、自分の意見をはっきりと主張する勇気を持ちました。特に、ハートの女王の前で自分の考えを堂々と述べたんです。

コマリ

それはすごいですね。でも、私にもできると思いますか?

リンダ

もちろんです!まず、小さな会議や友人とのカジュアルな会話から始めて、自分の意見を言う練習をしましょう。

コマリ

小さなステップから…。

リンダ

その通り。そして、自分の意見を言うことの重要性や価値を他の人にも理解してもらうように努力することです。

コマリ

他の人にも伝えるんですね。

リンダ

はい、そして大切なのは、自分自身の価値を信じ、自分の意見に自信を持つこと。それが、人前で自分の立場を確信して主張する力になります。

コマリ

自信を持つ…、それを心がけなくては。

リンダ

して、困難な状況でも自分の意見を大切にすること。アリスがしたように、自分の心の声に正直になることが大切ですよ。

ふしぎの国のアリスを読まれた方に更におすすめ物語3選!

ふしぎの国のアリスを知ったら、次の物語に触れてみるのはどうでしょうか?おすすめ本はこちら。

鏡の国のアリス 

モモ

created by Rinker
¥880 (2024/05/30 17:09:44時点 楽天市場調べ-詳細)

はてしない物語

created by Rinker
¥3,146 (2024/05/30 17:25:53時点 楽天市場調べ-詳細)

参考サイト:

Leonald.Ai:画像作成

※このサイトはアフィリエイト広告(Amazonアソシエイト含む)を掲載しています。