「ゲド戦記」のあらすじとネタバレ、アレンが教えてくれるトラウマの克服方法

menter "alan"

この記事は、ちょっと賢くなって満足した気持ちになれる(かもしれない・・)3分で読める記事です。

『ゲド戦記』は、魔法と冒険の世界を舞台に、自己の影との対決や人間の成長を描いた感動的な物語です。アレンの旅を通じて、自分自身の過去の過ちや弱点を受け入れ、それを乗り越える力の大切さを学べます。魔法の世界の美しいビジュアルと、深いテーマが絡み合ったストーリーは、見る者の心に深く残るかもしれません。

ブログ管理人のシタテが実践・調べた、明日から少しでもいい方に変わる小さな行動をお伝え!

シタテ

偏見と独断で偉人からの学びをお伝えしているシタテです。

実はシタテ、ゲド戦記はジブリ作品の中で1,2を争う好きな作品です。「死ぬことを怖がっているんじゃない。生きることをこわがっているのよ」はすごく心に残ります。

「ゲド戦記」のあらすじとネタバレ

1.魔法と均衡の崩れ

魔法使いの住む世界を舞台にしています。

この世界での生活は、魔法の力が日常の一部として存在しています。

しかし、最近では竜が人間の世界に突如として現れたり、一部の魔法使いが突然力を失ってしまったりと、何者かの手によって世界の均衡が崩れ始めています。

この均衡の崩れは、物語の大きな謎として描かれ、主人公たちがその原因を探る過程が描写されます。

2.影の喪失と父の死

エンラッド王国の王子であるアレンは、国の平和と均衡を守る役目を持っています。

しかし、ある日突然、彼の影が彼の体から分離し、その影が父である国王を刺してしまいます。

この出来事により、アレンは大きな罪を背負うこととなり、彼は自らの過ちと向き合う決意をします。彼は国を逃げ出し、真実を探る旅に出ます。

3.ハイタカとの絆、そしてテルーの救出

逃亡中のアレンは、森で獰猛な動物に襲われる危機に陥りますが、その時、彼を救ってくれるのは、世界の異変の原因を探る魔法使いハイタカでした。

ハイタカはアレンに世界の均衡の崩れとその背後にある真実について教えてくれます。

二人は行動を共にし、途中、腐敗が進む街ホート・タウンで奴隷として売られそうになっている少女テルーと出会います。

アレンとハイタカは彼女を救出し、三人で世界の均衡を取り戻すための冒険を続けます。

4.再評価と未来への期待

この映画のテーマである「均衡の崩れ」というのは、現実世界でも多くの人々に共感を呼び起こしました。

物語の中で、アレン、ハイタカ、テルーの三人は、数々の困難を乗り越え、最終的には世界の均衡を取り戻すことに成功します。

物語の終盤で、アレンは自らの過ちを受け入れ、真の魔法使いとしての力を発揮します。

ハイタカとテルーもそれぞれの成長を遂げ、新たな冒険の扉が開かれることとなります。

参考サイト:

ゲド戦記:FILMAGA

モノガタリ・マナビ

  1. 影の喪失と再統合
    アレンの影が彼の体から分離することで、自分の内面の闇や弱点と向き合うことの重要性や、それを乗り越える過程を独特の視点で学べます。
  2. 魔法の世界の均衡
    魔法の力が日常の一部として存在するこの世界の均衡の概念は、現実世界の均衡とは異なる視点から、均衡の重要性を考えさせられます。
  3. 自己受容の大切さ
    アレンが自らの過ちを受け入れ、真の魔法使いとしての力を発揮するシーンは、自分の過去の過ちや弱点を受け入れ、それを乗り越えることの大切さを教えてくれます。

あなたは、小さい時のトラウマを口に出して言うことが出来ますか?

worrie man

高校時代、新しいことに挑戦するのが好きだったコマリさん。彼女は一度、大きな失敗をしてしまい、その結果、周りの人たちに笑われてしまった経験があります。それが彼女にとって大きなトラウマとなり、今でもその記憶は彼女の心の中に深く刻まれています。

現在、コマリさんは30代の教師として、多くの生徒たちと向き合っています。彼女は教師としての役割を全うしようと日々努力していますが、そのトラウマが彼女の行動や判断に影を落とすことがあります。

例えば、学校の行事や授業で新しい取り組みを提案する際、高校時代の失敗が頭をよぎり、自信を失ってしまうことがあります。また、生徒たちが新しいことに挑戦する姿を見ると、自分の過去の失敗を思い出し、無意識のうちに生徒たちを過保護にしてしまうことも。

彼女の心の中では、失敗することや新しいことに挑戦することが、笑われることと直結してしまっています。そのため、自分自身や生徒たちが新しいことに挑戦する際に、過度なプレッシャーや不安を感じてしまうのです。

そんなコマリさんに対して、「ゲド戦記」に登場するアレンと似た思考の「メラン」なら、なんとアドバイスするでしょうか?

アドバイス:いつも不安で自信がないんだ。なのに時々、自分では抑えられない位、凶暴になってしまう。

アレン:「いつも不安で自信がないんだ。なのに時々、自分では抑えられない位、凶暴になってしまう。
自分の中に、”もう1人の自分”がいるみたいだ!」

もしもの会話シミュレーション:メランが教える、弱い自分の受け入れ方

コマリ

メランさん、私は高校の頃の失敗がトラウマとなって、今でもその影響を受けてしまっています。新しいことに挑戦する度に、その失敗を思い出してしまい、自信を失ってしまいます。

メラン

コマリさん、アレンも『ゲド戦記』の中で、自分の影と向き合う経験をしました。「いつも不安で自信がないんだ。なのに時々、自分では抑えられない位、凶暴になってしまう。自分の中に、”もう1人の自分”がいるみたいだ!」と言いました。

メラン

それは、私たちの中には、過去の失敗やトラウマ、そしてそれに対する怒りや恐れが存在することを示しています。

コマリ

はい、私もその気持ち、よくわかります。自分の中のもう1人の自分と、どう向き合っていいのかわからないんです。

メラン

私がテルーや他の仲間たちとの経験から学んだことは、自分の中の影と向き合うことの大切さです。そして、その影と向き合うためには、まず自分自身を受け入れることが必要です。過去の失敗やトラウマは、私たちの一部です。それを否定するのではなく、受け入れて、その経験を力に変えることが大切です。

コマリ

でも、どうやってその影と向き合い、受け入れることができるのでしょうか?

メラン

まず、毎日の生活の中で、自分の感情や思考に意識的に向き合う時間を持つことが大切です。例えば、1日10分間、自分の心の中を静かに観察する瞑想の時間を持つこと。これを1ヶ月続けると、自分の中の感情や思考に気づくことができるようになります。

メラン

そして、その感情や思考を受け入れ、自分自身を許すことで、過去のトラウマや失敗と向き合うことができるようになります。

コマリ

アランさん、ありがとうございます。私も、自分の中の影と向き合い、それを乗り越えるために、毎日の瞑想の時間を持つことを試してみます。

メラン

それは良い決意です。自分の中の影と向き合い、それを乗り越えることで、新しい自分を発見することができるでしょう。私も、テルーや仲間たちとの経験を通して、そのことを学びました。コマリさんも、その経験を通して、新しい自分を発見することができると信じています。

瞑想について理解するおすすめ本3選!

まずは自分を変える方法として、1日10分の読書をしてみてはいかがですか?おすすめ本はこちら。

自分を操り、不安をなくす 究極のマインドフルネス

心が落ち着き、集中力がグングン高まる! 子どものためのマインドフルネス 著者:キラ・ウィリー

マインドフルネスストレス低減法 著者:J.カバットジン

created by Rinker
¥2,420 (2024/05/30 09:12:04時点 楽天市場調べ-詳細)

参考サイト:

Leonald.Ai:画像作成

※このサイトはアフィリエイト広告(Amazonアソシエイト含む)を掲載しています。