「耳をすませば」のあらすじとネタバレ、日常から見つける小さな幸せ、非日常の見つけ方

この記事は、ちょっと賢くなって満足した気持ちになれる(かもしれない・・)3分で読める記事です。

この物語は、月島雫さんという少女の成長と自己発見の過程を描いたものであり、読書や古道具屋「地球屋」での出会いを通じて、彼女が自分自身の夢や想いに気づき、それを追い求める決意を固めるまでの過程が描かれています。
物語は、二人の青春の日々と彼らの間に芽生えた純粋な愛情を中心に進行します。

ブログ管理人のシタテが実践・調べた、明日から少しでもいい方に変わる小さな行動をお伝え!

シタテ

偏見と独断で偉人からの学びをお伝えしているシタテです。

「耳をすませば」のあらすじとネタバレ

1.始まりの出会い

月島雫さんは、読書がお好きな中学3年生です。

ある日、図書館で自分が借りた本の読書カードに「天沢聖司」という名前が連続して記載されていることに気づきます。

この名前に興味を持った雫さんは、天沢聖司さんという人物についての想像を膨らませます。

2.不思議な猫との出会い

ある日、電車の中で太った猫を見かける雫さん。

この猫を追いかけているうちに、古道具屋「地球屋」にたどり着きます。

店内で猫の人形「バロン」や古いからくり時計などの魅力的な品々に出会います。店主の老人・西司朗さんからさまざまな品物の説明を受ける中、雫さんはこの店と品々に魅了されます。

3.真実の発見と成長

雫さんは「地球屋」での出会いをきっかけに、自分の中の夢や想いを見つめ直します。
また、天沢聖司さんという名前の持ち主との実際の出会いを果たします。

彼との関わりを深める中で、雫さんは自分自身の気持ちや夢について真剣に考えるようになります。

彼女は自分の中の「コンクリートロード」という歌詞を書き、その中で自分の気持ちや夢を表現します。

4.新たな一歩

物語は、雫さんが自分の夢や想いを追い求める決意を固めるところで結びつけられます。彼女はこれまでの経験を通じて、自分自身をより深く理解することができ、新たな一歩を踏み出す勇気を持つようになります。

参考サイト:

耳をすませば:Wikipedia

created by Rinker
¥4,136 (2024/05/31 03:42:52時点 楽天市場調べ-詳細)

モノガタリ・マナビ

  1. 物の背景や歴史の深さ
    古道具屋「地球屋」でのさまざまな品々の背景や歴史を通じて、物一つ一つに秘められたストーリーや価値を感じるます。
  2. 青春の純粋さと葛藤
    雫さんと聖司さんの間に芽生える純粋な感情や、自分の夢や想いを追い求める中での葛藤を通じて、青春時代の純粋さや葛藤を独特の視点で感じます。
  3. 日常の中の非日常の発見
    雫さんが電車の中で太った猫を追いかけるシーンや、古道具屋「地球屋」での不思議な出会いなど、日常の中に潜む非日常を発見し、それを楽しむことの大切さを学べます。

あなたは、こんな状況にあなたは出くわしていませんか?

コマリさん、30代の主婦。彼女の日常は一見、平穏で穏やかに見える。しかし、その日常の中には彼女だけが知るさまざまな悩みや倦怠感が隠れている。

毎朝、目覚まし時計の音で目を覚ますコマリさん。
しかし、その音が鳴るたびに「また同じ日常が始まる」という思いが頭をよぎる。朝食の支度、夫と子供の弁当作り、洗濯、掃除。日常の家事は繰り返し行われるルーチンワークで、彼女にとってはもはや特別な感情を抱かない作業となっている。

夫は忙しい仕事に追われ、家に帰ってくるのはいつも遅い。子供たちは学校や部活に忙しく、家にいる時間も少ない。コマリさんは家での時間が長く、その多くを一人で過ごしている。

テレビをつけても、興味を引く番組は少なく、友人との連絡も徐々に減ってきている。SNSを見ても、他人の楽しそうな日常や旅行の写真ばかり。それを見るたびに、自分の日常の単調さを痛感する。

以前は趣味の手芸や読書で時間を楽しんでいたコマリさんも、最近ではそれらの活動にもやる気を感じない。新しい趣味を見つけようと考えても、何を始めればいいのかわからず、行動に移せないでいる。

そんなコマリさんに対して、「耳をすませば」のバロンと同じ考え方をもつ「クオン」はどのようなアドバイスをするでしょうか?

参考:恐れることはない。遠いものは大きく、近いものは小さく見えるだけのこと。

バロン:「恐れることはない。遠いものは大きく、近いものは小さく見えるだけのこと。」

もしもの会話シミュレーション:

クオン

コマリさん、お悩みのこと、よく聞かせてください。

コマリ

クオンさん、毎日が同じで、何のために生きているのかわからなくなってきました。何か変わるきっかけが欲しいんです。

クオン

『耳をすませば』の物語をご存知ですか?

コマリ

はい、少し前に読んだことがあります。

クオン

その物語の中で、雫は日常の中に非日常を見つけ、自分自身の夢や想いを追い求める決意を固めました。

クオン

彼女は古道具屋での出会いや、天沢聖司との関わりを通じて、自分の中の価値や夢を再発見しました。

コマリ

そうですね、でも私にはそんな特別な出会いや経験はありません…

クオン

特別な出会いや経験は、探し求めることで見つかるものではありません。それは、日常の中に潜んでいるもの。コマリさんも、日常の中に新しい視点や価値を見つけることができます。

コマリ

でも、どうやって?

クオン

まず、日常の中で新しいことに挑戦してみてください。例えば、新しい趣味や習い事を始めること。それが、新しい出会いや経験のきっかけとなります。

クオン

また、日常の中での小さな発見も大切です。散歩をして、普段通らない道を歩いてみる。新しい景色や出会いがあるかもしれません。

コマリ

それは考えたことがありませんでした。

クオン

そして、自分の中の価値や夢を再発見するためには、自分自身と向き合う時間も必要です。
日記を書いたり、自分の気持ちや考えを整理することで、自分の中の価値や夢を再確認することができます。

コマリ

クオンさん、ありがとうございます。新しい視点で日常を見つめ直してみます。

クオン

それが良いと思います。コマリさんの日常に、新しい価値や変化が訪れることを願っています。

を高めるおすすめ本3選!

今の自分を変えるために、まずは1日10分程度、本を読んでみるのはいかがですか?おすすめ本はこちら。

月の立つ林で 著者:青山 美智子

created by Rinker
¥1,760 (2024/05/31 03:42:52時点 楽天市場調べ-詳細)

THINK AGAIN 著者:アダム・グラント

具体と抽象 世界が変わって見える知性のしくみ  著者:細谷 功

参考サイト:

Leonald.Ai:画像作成

※このサイトはアフィリエイト広告(Amazonアソシエイト含む)を掲載しています。