「ハウルの動く城」のネタバレとあらすじ、本音と建て前を見つめ直す方法を学ぶ

この記事は、ちょっと賢くなって満足した気持ちになれる(かもしれない・・)3分で読める記事です。

『ハウルの動く城』は、ダイアナ・ウィン・ジョーンズの小説を基に、宮崎駿監督によってアニメーション映画化された作品です。自己受容や愛、絆、戦争の無意味さなど、多くのテーマが織り込まれており、それぞれの視点で深く感じ取ることができる作品に感じます。

ただのファンタジー物語ではなく、私たちの心に深く響くメッセージを持っています。一度観たら、その魅力に引き込まれること間違いなし!

ブログ管理人のシタテが実践・調べた、明日から少しでもいい方に変わる小さな行動をお伝え!

シタテ

偏見と独断で偉人からの学びをお伝えしているシタテです。

逃げることをやめるためには、自分以外のきっかけが必要かもしれないと、ハウルのかっこいい姿をみて思いました。
自分を弱いというハウルや、老いても力強いソフィー、色んな形の「美しさ」を感じました。

「ハウルの動く城」のネタバレとあらすじ

1.運命の出会い

ソフィーは静かな街で帽子屋としての日々を過ごしていました。

ある日、彼女は街で不思議な青年ハウルと出会いました。彼は魔法使いであり、ソフィーを突如襲った危険から救ってくれました。

しかし、その夜、ソフィーの家を訪れた荒地の魔女により、彼女は90歳の老婆に変える呪いをかけられました。ソフィーはこの姿を家族に見せることができず、家を出て彷徨うこととなりました。

2.魔法の城との共同生活

彷徨っていたソフィーは、山中で奇妙な動く城を発見いたしました。

中に入ると、火の悪魔カルシファーが住んでおりました。彼はハウルとの契約により、自由を失っておりました。

ソフィーはカルシファーと取引をし、彼女の呪いを解く手助けをする代わりに、城の掃除をすることとなりました。

城での生活を通じて、ソフィーはハウルの優しさや、彼が戦争を避ける理由、そして彼の過去の秘密を少しずつ知ることとなりました。

また、ハウルの若い弟子マークルや空飛ぶ犬ヒーンとも出会い、彼らとの交流を深めていきました。

3.戦火の中の絆

国同士の戦争が激化し、ハウルは王都での戦争に巻き込まれました。

ソフィーは彼を助けるために王都へと向かいました。

しかし、荒地の魔女もハウルの心臓を狙っており、ソフィーとの対決が始まりました

。戦争の中、ソフィーはハウルの過去の記憶の中で彼の秘密や、カルシファーとの契約の真実を知りました。この困難な状況の中、ソフィーとハウルの絆は深まっていきました。ソフィーはハウルの心臓を取り戻すための冒険に挑みました。

4.新たな未来への希望

ソフィーの努力により、ハウルの心臓は取り戻され、荒地の魔女の呪いも解かれました。カルシファーも自由を手に入れました。

戦争は終結し、ソフィーとハウルは新しい城での平和な生活を始めました。二人の絆はさらに深まり、新たな未来への希望が生まれました。

ソフィーは呪いから解放され、ハウルと共に新しい日々を迎えました。

参考サイト:

ハウルの動く城:Wikipedia

created by Rinker
¥4,136 (2024/05/30 17:11:47時点 楽天市場調べ-詳細)

モノガタリ・マナビ

  1. 心の自由と束縛
    ハウルとカルシファーの関係や、ソフィーの呪いなど、心の自由と束縛のテーマを感じます。自分自身の心の在り方や、他者との関係性について深く考えることができます。
  2. 外見と内面のギャップ
    ソフィーの老婆の姿や、ハウルの真の姿など、外見と内面のギャップが物語の中で強調されています。これを通じて、人を外見だけで判断せず、内面を理解しようとする姿勢の大切さを学ぶことができます。
  3. 変化を恐れず受け入れる姿勢
    ソフィーは突然の変化、すなわち老婆に変わる呪いを受け入れ、新しい環境での生活を始めました。変化を恐れず、柔軟に対応することで新しい可能性やチャンスを。

あなたは、こんな状況にあなたは出くわしていませんか?

コマリさんは、30代前半の事務の受付員として働いています。
彼女の外見はいつも整っており、笑顔で人々と接しています。しかし、その笑顔の裏には、彼女自身が持つ多くの不安や悩みが隠されています。

毎朝、コマリさんは鏡の前で自分の姿を何度もチェックします。少しのシワや髪の乱れ、服装のコーディネートに自信が持てず、何度も服を変えてしまいます。

彼女は、受付員としての第一印象が非常に大切だと考えているのです。しかし、それ以上に、他人の評価を極端に気にしてしまう性格が彼女を苦しめています。

仕事中も、コマリさんは常に他人の視線を気にしています。お客様や同僚からの一つ一つの言葉や態度、表情を細かく分析し、自分が何か間違ったことをしていないか、嫌われていないかを常に気にしています。

そのため、彼女は自分の意見や感情を正直に表現することができず、周りの期待に応えようとするあまり、自分が本当に思っていることとは逆の行動や発言をしてしまいます。

例えば、ある日、同僚が新しいプロジェクトの提案をしてきたとき、コマリさんはその提案に疑問を感じました。しかし、他の同僚たちがその提案を賞賛しているのを見て、彼女は自分の意見を押し殺してしまい、賛成の意を示してしまいました。その結果、彼女は自分の本当の意見を伝えられず、後でそのプロジェクトに関する作業に苦しむこととなりました。

そんなコマリさんに、「ハウル」と同じ考え方や思考を持つ「マエル」ならなんとアドバイスをするでしょうか?

参考:何故?僕はもう十分逃げた。ようやく守らなければならないものができたんだ。

ハウル:「何故?僕はもう十分逃げた。ようやく守らなければならないものができたんだ。君だ」

もしもの会話シミュレーション:マエルが伝える、心の受け止め方

コマリ

マエルさん、最近自分の行動や考え方に疑問を感じています。他人の評価を気にしすぎて、自分の本当の気持ちを表現できないんです。

マエル

コマリさん、それは大変そうですね。私は『ハウルの動く城』のハウルと同じ思考を持っていますが、その物語から学んだことがあるんです。

コマリ

ハウルの動く城…。確かに、ソフィーやハウルも似たような悩みを抱えていましたよね。

マエル

そうです。ソフィーは外見が変わったことで、自分の価値を疑いましたが、ハウルや他の仲間たちとの関わりの中で、自分の価値を再認識しました。

コマリ

でも、私はソフィーのように強くないです。

マエル

強さは一人ひとり異なります。しかし、ソフィーが学んだことは、自分の価値を他人の評価で決めるのではなく、自分自身で見つけることです。

コマリ

でも、どうやって自分の価値を見つけるんですか?

マエル

まず、自分の心の声を聞くことから始めましょう。毎日の生活の中で、自分が本当にしたいこと、感じていることをメモすることをおすすめします。

コマリ

メモするんですね!

マエル

はい。そして、ソフィーがハウルやカルシファーとの関わりの中で学んだことは、自分を受け入れることの大切さです。

自分の弱さや不完全さを受け入れることで、他人の評価を気にすることが減ります。

コマリ

自分を受け入れる…。

マエル

そうです。
そして、具体的な行動としては、自分の好きなことや興味を持っていることを深く探求することをおすすめします。

心のストレッチをする、おすすめ本3選!

まずは今の自分変わるための行動、1日10分の読書から始めてみてはどうですか?おすすめ本はこちら。

光のとこにいてね 著者:一穂 ミチ

created by Rinker
¥1,980 (2024/05/30 17:11:47時点 楽天市場調べ-詳細)

「これでいい」と心から思える生き方 著者:野口嘉則

created by Rinker
¥1,870 (2024/05/30 17:11:47時点 楽天市場調べ-詳細)

メモの魔力 著者:前田裕二

参考サイト:

Leonald.Ai:画像作成

※このサイトはアフィリエイト広告(Amazonアソシエイト含む)を掲載しています。